雑穀とは

雑穀とは米・麦以外の穀類のことです。

病害虫に強く、寒冷地や肥えていない土地でも育つ力があるので、
縄文の昔から主食として、また非常食として食されてきました。

無農薬で栽培できるので安全面で注目されています。

白米は炭水化物が豊富でエネルギー源として優れていますが
精米されてぬかと胚芽が取り除かれるためにビタミンB1が玄米の5分の1しかなく
タンパク質や食物繊維、ミネラルも雑穀より少なくなっています。

お米1合に雑穀小さじ1杯程度を混ぜて炊くことで栄養価が高まり、
美味しさもアップします。

アワ(粟)

鉄が白米の約6倍。ビタミンB1は約2.5倍。食物繊維は約7倍。
マグネシウムも多く含まれています。

ヒエ(稗)

コレステロール値を下げる作用や抗アレルギー作用が注目されています。
マグネシウム、マンガン、亜鉛などのミネラルをバランスよく含みます。。

キビ(黍)

キビの黄色い色素は坑酸化物質のポリフェノール。
善玉コレステロールを増やす働きや動脈硬化を防ぐ効果が注目されています。
ビタミンB群とミネラル分をバランス良く含みます。

ハトムギ(鳩麦)

高タンパク。
利尿作用や代謝改善、鎮痛作用があるといわれています。

ソバ(蕎麦)

良質のタンパク質、必須アミノ酸、ビタミンB1、B2、ルチンを多く含みます。
低カロリー。


商品名を入力してボタンをクリックしてください(大手ショッピングモールへ)






このページのいちばん上に戻る

 
Copyright(c) お米と雑穀の健康パワー
正確な情報を集めるよう心がけてはいますが本サイトを利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。
本サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。ご購入・お問い合わせは各販売サイトにお願いします。
SEO対策済みテンプレートyahoo!おすすめサイト