TOPへ |  カテゴリ:歯茎の健康

 カテゴリ:歯茎の健康 

« 口臭の原因  | なた豆柿渋歯磨き »

歯茎の変色

歯茎の変色する原因は、歯肉炎、歯周病。

薬の副作用やたばこの吸いすぎなどが引き金となって
メラニン色素が沈着しても全体的に茶褐色になります。

また、さし歯が合わなかったり歯の治療に使用した
金属アレルギーなどで歯茎が炎症をおこした場合、
歯茎が黒くなります。

他には、歯垢がたまり血行障害をおこして、紫色に見えたりします。

歯茎の変色を改善するには、炭酸ガスレーザーを照射により

歯肉の中のメラニンを除去する方法が考えられます。

人によって違いますが1~2回ほどで健康的なピンク色の

歯茎にもどすことが可能なことが多いようです。



歯周疾患(ししゅうしっかん)とは、歯周組織に発生する病気のこと。歯垢(しこう)が原因のこともありますが、一切関係ない非プラーク性の疾患も存在し、多くの複合的要因によっておこります。歯肉に炎症が起こる病気を歯肉炎(しにくえん)、他の組織にまで炎症が起こっているものを歯周炎(ししゅうえん)といいます。日本では疾患の目安となる歯周ポケットが4mm以上存在している割合が、50代の人で約半数。8020運動の推進などにより、残存歯数が増加していることも疾患の増加の原因だと考えられています。



スポンサードリンク

Edit
  .....このページのいちばん上に戻る
  .....このサイトのトップページに戻る
 
Copyright(C) 歯の健康と全国歯科・口臭外来リンク集 | なた豆柿渋歯磨きyahoo