スポンサード リンク

トンカットアリとは-1

トンカットアリは「100の病気を治す薬草」などとも呼ばれているハーブです。
熱帯雨林の野生の植物で、インドシナ、マレーシア半島、ボルネオ、スマトラで育ちます。
トンカットアリは細長く、成長すると高さ10メートルほどに達します。

トンカットアリとは-2

トンカットアリは、滋養強壮剤として原住民に伝統的に受け継がれました。
栽培することが難しく、原料となるトンカットアリの根は野生のものに限られています。
トンカットアリは一般の人では見つけることができず、原住民でしか生息場所がわかりません。

トンカットアリの効能

トンカットアリは、男性ホルモンの分泌を促し、精子の動きを活発にする、腎機能に効果があるほか、
解熱、産後回復、炎症性の腫れ物、抗ガン特性、梅毒、歯肉出血の治療などが期待されています。
このページのいちばん上に戻る


このサイトの記事一覧

トンカットアリとは-1

トンカットアリ(Tongkatali)とは-1


 

トンカットアリとは-2

トンカットアリ(Tongkatali)とは-2


 

トンカットアリの効能

トンカットアリの効能


 
このページのいちばん上に戻る